FXのチャートとは?見方と種類【FX初心者向き基礎知識】

シェアする

FXのチャートとは?

FXトレードにおいて「チャート-chert-」という名のワードがありますが、FXに注目している方であれば、おそらくチャートをご覧になったことがあることでしょう。

FXトレードに取り組むと、たびたび目にすることになる、その「チャート」と言いますのは いかなる定義だと思いますか?  

「株・為替・FX、等の取引」に焦点を当てた「チャート-chert-」というワードについて辞書で確認してみると以下のように書かれております。

・株式などの相場の動向をグラフに表したもの

・テクニカル分析に使う。罫線表。足取り表。罫線(けいせん)

(引用:コトバンク https://kotobank.jp)

すなわち、FXトレードにおける「チャート-chert-」とは相場の値動きを表示したグラフのことを指します。

FXチャートの種類!

FXにおいて概ね 用いられるチャートのタイプについては、以下のようなものがあります。

  • ローソク足チャート
  • バーチャート
  • ラインチャート
  • 平均足チャート

その他には以下のような表現もあります。

  • ドル円チャート
  • ユーロ円チャート
  • 原油チャート
  • 日経平均チャート

FXチャートの見方は?

さっそく、FXトレードにおいて利益を出すために把握しておいた方が良いチャートの見識を腰を据えてご説明していきます。

第一段階はチャートのイロハ(基本)からになります。

前述しましたとおり、チャートの中には、「ローソク足チャート・バーチャート・ラインチャート」の3タイプがございます。

テクニック的な着眼点からは、いずれのチャートを活用しても差し支えありません。されど、実践的な着眼点では、ローソク足チャートを推奨いたします。

というのも、日本国内においては、一般的に見受けられる報道、先達者による説明、あるいは本・雑誌・等の読み物で用いられるチャートに関しましては、一切合切ほとんどがローソク足なのであります。

そういう事情から、国内の投資家につきましては、大多数がローソク足チャートだけを用いているわけです。

行き着くところは、いずれを選んでも大きく変わることはないので感覚的好みによってチョイスして問題ないのですが、ローソク足が妥当だとは思います。

ちなみに、アメリカやヨーロッパの投資家の多くは、バーチャートもしくはラインチャートを盛んに用いているようです。

チャートを見て まだ見ぬ先を読み解く!

FXトレードにおけるチャートとは、相場の値動きを表示したグラフですが、チャートは相場の先読みに絶大な働きをしてくれます。

チャートはこれまでに積み立てた傾向を用いて、多岐にわたるデータを読解する事が可能です。

事例を推察し、まだ見ぬ先を読み解いたり、表面的なパターンを基点として未来をイメージすることができるのです。

手始めにチャートをご覧いただいて相場予測に取り掛かることなども、FXトレードに取り組むにあたって 非常にためになる手法だと言えます。

チャートは不測のシチュエーションにおいては?

FXトレードにおいてチャートを理解できるようになったら、それなりの事は解釈できます。

しかし、そうは言っても一から十まで完璧に実態を読解することなど出来ません。

万が一にも市場の想像だにしないアクシデントやイベント等が発生した後につきましては、風評ないしはデマ やガセネタだったとしても、市場がフィードバックしてしまうがために、相場は予期せぬルートに進むこともあり得ます。

こういったようにチャートを閲覧しているばかりでは、不測のシチュエーションにおいては対処出来かねるケースがあると言えます。

関連記事