FXのデイトレードとは?メリット・デメリット【FX初心者向き基礎知識】

シェアする

FXのデイトレードとは?

デイトレードとは単刀直入に言うと、購入した通貨を当日中に決済するトレードになります。

当日中のスピーディなトレードということで、比較的少量の利益を着実に積み上げていくトレードスタイルです。

デイトレードを実践している方々は「デイトレーダー-day trader-」と呼ばれています。

また、デイトレードは「デイトレ」あるいは「デイトレーディング-day trading-」という風にも称されるケースもありがちです。 

前述したとおりデイトレードは通常、次の日までポジションを先送りにするのではなく、当日中に利益or損失を決定することになります。

当日中に「エントリー~イグジット」を全て実行するので、一日において起こるトレンドに対応していくことが不可欠です。

それに伴って、デイトレードにトライするケースでは、チャートは入念にチェックすることが大切です。 その点においては、若干めんどくさい取引方法だと言えるかもしれません。

しかしながら、ネット上でFXトレードを実施することによって即座に素早く取引が可能です。

さらには、手数料が無料のFX会社も数多くあるため、デイトレードを実践している「デイトレーダー」の方はたくさん見受けられます。

FXデイトレードのメリット!

 デイトレードは長くかからないトレードを数多く実践することになるのですが、結果的にFXトレードを行なう際のメリットがそれなりに見て取れます。

デイトレードの利点につきましては、次の日に持ち越すことなく無難にすべてのポジションを取引終了していきますから、収支が即日判明するといった点だと考えられます。

決済をその日のうちに完了させるというのがデイトレードではあるのですが、あっと言う間に利益を高められる見込みも秘めており、手堅く、なおかつ的確に実践していくことが重要になってきます。

FXにトライしていると例外無く それなりの割合で損失は生じてきますし、場合によっては連続して利益が生まれないケースだってあるわけです。

仮に取引の頻度が多くない状況で連続して損失が発生するとガツンと数字が低下してしまいます。

けれども、デイトレードの場合は毎月で数十回も取引ができることもあって、連続して損失が発生した場合でも全体を通しての数値は大抵本人のキャパシティーで収まってくるでしょう。

パターンを堅実に遂行し、レートにふさわしいアプローチが実施されているか否かがキーポイントではありますが、成果が軌道に乗ることは取引回数が多いデイトレードを実行する際に重要なアドバンテージとなるのです。

FXデイトレードのデメリットは?

「スプレッドや手数料が取引の頻度数に応じて増加!」

デイトレードにおいては、1日に数十回取引を実行することになるので、手数料やスプレッドなども取引の頻度数に応じて増加してしまいます。けれども、手数料が掛からなく、スプレッドは低めのFX業者をセレクトすれば思いの外埋め合わせが容易なデメリットと考えられます。

「実に驚異的なスピードで資金が減少する可能性がある!」

資金の効率の良さがデイトレードのメリットの一つではありますが、それというのは別の角度から見れば、そのくらいスピーディーなペースで自己資金を減少させてしまうリスクがあることも指し示しています。

仮に、アバウトな取引を継続して、損失が増えてしまったら、実に驚異的なスピードで資金が減少していってしまうのです。 この部分に関しましては、一つの取引に伴うロスをエントリー枚数をチェンジする手段でコントロールするように心掛ければ、しっかりと制御することが不可能ではありません。

目の前の儲けに影響されずに、自身の技量に適した予算で取引出来るか否かといった、デイトレードでは心理的な要素が一段と求められてしまうと言えるのです。

「粘り強さと集中力がものを言う!」

デイトレードであったとしてもポジションを丸一日持つことは滅多にございません。

ほとんどのケースでは数時間以内で決済となりますので、トレードを実施している際は、ディスプレイに噛り付いた状況になりがちです。

それにより、粘り強さと集中力がものを言います。

関連記事