FXのレバレッジとは?10万→最大250万【FX初心者向き基礎知識】

シェアする

FX 基礎知識【レバレッジ】とは?

レバレッジと言いますのは、投資した証拠金を元手として、最大でその25倍の売買が認められるという仕組になります。

例えば、10万円の証拠金で25倍のレバレッジを掛けるとしますと、250万円の取引ができるというわけです。

つまり、大きな金額を低予算で運用することのできるシステムということになります。

このように、大きな(重い)物を小さな力で動かすことができる仕組みが「レバレッジ(=てこの原理)」というわけです。

現実の取引額より大きな金額で取り引きできるレバレッジこそがFXの醍醐味の一つと言えます。 

レバレッジのリスクは?

レバレッジは低予算で大きな金額の取引を望める半面、レートが推測とは逆に動いたケースでは、相当額の損失が引き起こされるリスクがあります。レバレッジが巨額な時に損失がでると、証拠金が少なくなり、ロスカットやプラスαの証拠金が発生する可能性も高まります。

FXの醍醐味の一つはレバレッジに違いありませんが、前述の可能性を把握した上でレバレッジを掛けるようにしないと、実際のところはリスクが大きくなる可能性が高まることでしょう。

そこまで高額ではない証拠金の入金で大きな取り引きが可能となるレバレッジではありますが、予測している通りに値が進展してくれれば大きなリターンが生まれることになりますが、その通りにならなかった場合は結構な被害を受けることになるのです。

であれば、証拠金の数十倍もの金額で取り引きを結んで、万が一レートが下落し、大変な損をしてしまい、証拠金が不足したらどういった展開になるのでしょうか。 FXにおいてはそれを避けるために、上記でも挙げた「ロスカット」と呼ばれる仕組みが存在します。

仮に決済していないケースでも、今のレートにおいて決済したタイミングで引き起こされるかも知れない損失が高まってきますと、オートマチックに強制的に決済が実施されて、あくまでも証拠金を上回る損失が生じないようになっています。

レバレッジのメリットとデメリットを意識して!

レバレッジは先ほど申し上げたように、非常に大きい利益を手に出来る事が有りえるのと同時に大きな損失をもたらす可能性が高まる「ハイリスクハイリターン」というわけです。 FXトレードする、あるいはレバレッジを掛ける、といったケースでは損をしてもご自身の暮しに差し支えが起きないように、何と言っても余裕を持った元金で取り引きすることが大切です。  

現実問題として継続的にFXトレードに取り組む場合には値の変動が激化することもあり得るのでレバレッジを抑えて、短い期間投資をおこなうケースだと長期間とは異なり、わりと値の変動の範囲が小さいということから高めのレバレッジを掛けてトレードするケースが少なくありません。 

けれども、とりわけFX初心者の方はいずれのケースにつきましてもメリットとデメリットが潜んでいるという事実を意識してトレードする必要があるわけです。少量の資金を使って巨額なお金を動かせば、リターンも拡大しますが、一方では浴びせられるリスクも拡大していきます。簡単に言いますと、レバレッジはリスキーではあるものの大きなリターンを狙えるのです。

FX初心者段階では低めのレバレッジからスタート!

前述しました通り、レバレッジは大きなリターンを期待出来ますが、それ相応にリスクがあります。為替レートのわずかな上昇・下落によって証拠金が足りなくなってしまうことだって起こり得ます。

ですので、FX初心者の段階では、低倍率(2倍程度)からスタートするのが妥当でしょう。

繰り返しになりますが、大きなリターンを狙えるものの「諸刃の剣」(リスキー)でもありますので、FXトレードを始めて間もない方は低めのレバレッジからスタートしてみてください。

関連記事