FXのポジションとは?買い・売り・決済【FX初心者向き基礎知識】

シェアする

FXのポジションとは?

ポジションと言いますのは、「売り」または「買い」を保持したまま、決済しないでその状態をキープしている注文(損失・利益が確定する前の状態)のことを指します。

もう少しシンプルに言いますと、その時点で保持している持高のことです。

ポジションの呼び方は?

ポジションには、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があります

売りで注文した持高は「売りポジション」と呼ばれます。

買いで注文した後に決済しないままの状態を「買いポジションを持っている」という風に表現されます。

新しい注文をしたケースでは「ポジションを建てる」といった風に呼ばれます。

「買いポジション」と「売りポジション」の2種類を同時に保持していると、相場がどっちに流れようとも利益を上げることが出来るようになります。

しかし、リスクマネジメントの観点からすると、二重に注意を払う必要が出てくるでしょう。

「ロング」と「ショート」とは?

買いポジションと売りポジションには以下のように「ロング」「ショート」という呼び方もあります。

  • 外貨を買って円を売った時→買いポジション=ロングポジション
  • 円を買って外貨を売った時→売りポジション=ショートポジション

例えば、1000アメリカドルを注文し保持している状態を「1000アメリカドルの買いポジションを持っている」表現します。

この段階で、アメリカドルが上昇した場合は「売り」決済をする事で利益をもたらすことができます。

「ポジションを建てる~決済する」の繰り返し!

「決済」とは「ポジション」をクリアにすることですが、ポジションを決済せずに持っているうちは、利益・損失が発生していようともその時点ではその金額が確定していない状態です。

満足できる「利益」が生じている時、あるいは「損失」を確定したいという時に「決済」をすることになります。

FXトレードは、基本「ポジションを建てる~決済する」の繰り返しなのです。

言葉では簡単なことのように思われるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミング、あるいは決済を実行するタイミングは、初心者のうちは特に難しいと感じるかもしれません。

この繰り返し作業を、いかにメンタル面を安定させ、一喜一憂せずに実行できるかが重要になってきます。

関連記事